スポーツ障害治療の知恵袋-埼玉(さいたま)

Pocket

スポーツ障害・外傷とは

スポーツ障害・外傷とは、スポーツをすることで身体に受ける障害や外傷などの総称です。
スポーツ傷害は、使い過ぎ症候群(Over use syndrome)とも呼ばれています。
スポーツ傷害とは、長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に負担がかかって起こる障害を主にスポーツ傷害といい、スポーツ外傷とは、スポーツでの転倒などによる突発的なケガをいいます。


スポーツ障害・外傷の種類

疲労骨折
スポーツにおいての体の使い過ぎが原因で、通常の負荷では骨折を起こさない程度の力が正常な骨の同じ部位に継続的に加わることで骨組織の結合を破壊し最終的に骨折となる障害のことをいいます。

肩と手の障害
上腕骨内側上顆炎:野球肘と呼ばれています。投球動作を繰り返すことにより肘の痛みが発生します。

上腕骨外側上顆炎:テニス肘と呼ばれています。上腕骨外側上顆炎をバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をフォアハンドテニス肘といいます。

その他肩と手の障害としては、上腕二頭筋腱炎、肩峰下滑液包炎、棘上筋腱炎、腱板損傷、インピンジメント症候群、野球肩、肩鎖関節症、ルーズショルダー
滑液包炎(肩峰下滑液包炎、石灰化滑液包炎)、手根管症候群、ギヨン管症候群、肘部管症候群、円回内筋症候群、ド・ケルバン病、キーンベック病等があります。

首の障害
頚椎捻挫、バーナー症候群、

腰の障害
腰部捻挫、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症(疲労骨折)、腰椎すべり症などが挙げられています。

大腿(太もも)の障害
ハムストリングス損傷
ハムストリングス(太ももの裏側の筋肉)に肉離れや筋膜や筋繊維の一部が損傷することをいいます。

大腿神経絞扼障害
大腿神経が圧迫されることで、太ももの部分に痛みやしびれとなって現れるものをいいます。

膝の障害
オスグット・シュラッター病
膝や膝の裏に痛みを感じる。スポーツでジャンプや屈伸を行うことによる負荷が膝や脛骨付近に炎症を起こします。その他、半月板損傷や靭帯損傷などが挙げられます。

鵞足炎
縫工筋、薄筋、半腱様筋の3つが膝の内側に付着し、膝を曲げる作用がありますが、その付着部に炎症を起こすものを鵞足炎と言います。

その他膝の障害、外傷としては、半月板損傷、側副靭帯損傷、十字靭帯損傷、ジャンパー膝、膝蓋軟骨軟化症等があります。

下腿の障害
シンスプリント
膝下でスネの部分に鈍痛があります。マラソン選手や陸上競技のランナーなどに起こりやすく、悪いランニングフォーム・コンクリートでのトレーニングなどが原因です。
その他下肢の障害、外傷としては、アキレス腱炎、前脛骨筋腱炎、

その他、体の各部位でおこる骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れなどがあります。


スポーツ障害・外傷の治し方

ケガの種類や症状の重さなどによって治療は、さまざまです。
局所の冷湿布や 消炎剤の内服も初期には効果的です。外傷性骨折のようなギブス固定やひどい場合は、手術的治療が必要な場合もあります。スポーツやトレーニングの再開は、 筋力の回復状態や局所の圧痛がないことなどいろいろなことを鑑みて再開していきます。

西洋医学(病院や整形外科)での治療法
・安静

・薬物療法
内服薬(痛み止め、筋弛緩剤など)
外用薬(冷・温湿布、軟膏など)

・装具療法
コルセットや骨盤ベルトなど

・理学療法
温熱療法、干渉波療法、超音波療法、牽引療法など

・神経ブロック療法
神経ブロック療法とは、神経や神経の周りに麻酔薬を注射して、痛みを改善する方法です。麻酔薬が神経に作用して痛みの伝わる信号をブロックすることで痛みを取り除きます。痛みが緩和されることで血の流れがよくなり、筋肉の筋肉の緊張も軽減します。

神経ブロック療法にはいくつか種類がありますが、主なものは以下の通りです。

・星状神経節ブロック
首の付根、鎖骨の内側のすぐ上辺りにある「星状神経節」という交感神経の集まりに局所麻酔薬を注射して交感神経の機能を一時的に抑える方法です。

・硬膜外ブロック
硬膜外ブロックは腰の辺りに行う注射ですが、脊髄を覆う硬膜の外側にある硬膜外腔に麻酔薬を注射して神経の炎症を抑えて痛みを改善する方法です。

・トリガーポイントブロック療法
トリガーポイントとはそのままですが引き金点という意味です。運動器に発生する多くの痛みやしびれは筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)で、筋肉や靭帯 を押すと強く痛んだり、症状を再現できる場合があります。トリガーポイントブロックは筋肉の圧痛点に直接局所麻酔薬や生理食塩水、鎮痛剤を注射し、痛みを 取り除きます。

※トリガーポイントブロックに関しては私も所属している筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会のHPをご覧ください 筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会HP http://www.jmps.jp/


東洋医学(整体院、接骨院、カイロプラクティク、治療院など)

東洋医学での治療方法は皆さんご存知、注射での投薬や手術は行わずに改善を図ります。東洋医学での治療方法も、西洋医学の治療方法と同じく、数多く の方法があります。腰痛の施術を得意としていて、経験豊富な治療家を選べば数回の治療でも結果が出せる治療家も存在していますが、強い広告規制の存在や、 実績や改善例を表現しにくいなどの現実があり、選ぶ方としてもなにを基準に選べばよいのか分からないのが現状です。

 |整体・カイロプラクティクなどの徒手療法

骨格の歪みや姿勢の歪み、ズレ等を矯正し、正しい状態へと導く。
多種多様な方法がある。

|干渉波、低周波、超音波、温熱、牽引などの理学療法

整形外科と同じく、理学療法機器を使用した施術方法。

|マッサージ療法・鍼灸療法

症状のある場所や離れた場所をマッサージ、鍼をうつことによって、筋肉を柔らかくしたり、血流を改善することで痛みの改善を図ります。

※腰痛は実に様々な原因で発生します。自己判断はせずに必ず専門家の指示を仰ぎましょう。おおしま整体院では独自の矯正法やカウンセリングなどを駆使し、痛みやしびれの解決を目指しています。


ACT療法

高校卒業後にこの業界に入り、もうすぐ21年になります。今まで数多くの患者さんの症状回復に向けて施術をおこなってきました。

埼玉県蓮田市の地に治療院をかまえてから数年はAKAをおこなっていたのですが、ある日技術を見直すキッカケが訪れました。

いつものように患者さんの体に施術していると、皮膚に刺激を加える事で筋肉が柔らかくなったり、関節包内運動が正常化する現象を発見したのです。

その後数年間試行錯誤を重ね、安定して効果を出せるようになったのでこの施術方法に「ACT療法」と名前をつけました。

数年前に山口創先生の著書に出会いましたが、その中になぜ皮膚の刺激をすることによって筋肉の緊張が解けるのかが書いてありました。山口創先生や傳田光洋先生の本は読んでみることをお勧めします。

これまでに様々な刺激方法を試みた中で発見したことは

・一定の速度、刺激で皮膚を刺激すると筋肉の緊張が緩み、関節包内運動の異常が改善すること。

・特定の2ヶ所、3ヶ所を同時に刺激すると筋肉の緊張が緩み、関節機能障害が改善することなどです。

現在もより早く改善できるように技術を見直しながら改良を続けています。

腰痛やひざ痛など、運動器の痛みに関してですが、痛みが出ている場所に必ずしも原因があるとは限りません。例えば足の指がおかしくなっているにもか かわらず、腰に痛みを感じたり、首や背中に異常があるのに指や肘に痛みを感じたりすることはよくあることですが、これを「関連痛」といいます。

実際に現場で施術しているとこの関連痛が非常に多いことがわかります。

ですからACT療法では痛みのある場所にこだわるのではなく、全身を見てバランスを整える方法をとっています。

この技術で一人でも多くの痛みに悩む方が痛みから開放されれば幸いです。


おおしま接骨院のご案内

おおしま接骨院HP https://s621.com
おおしま接骨院ブログ https://s621.com/blog

大嶋大輔(おおしまだいすけ)

■プロフィール
新潟県産まれ
幼少の頃に経験した様々な怪我をキッカケに治療家を目指し柔道整復師国家資格を取得。
柔道整復師として腰痛や坐骨神経痛など、カラダの痛みやしびれを抱えた方の施術を専門におこなっている。
特に関節センサーの異常や筋膜性疼痛症候群の施術を得意とする。
現在は「一人でも多くの患者さんの痛みやしびれを取り除くこと」をモットーに、全国各地から来院する患者さんの施術に明け暮れる。

■著書
「テンタクル・タッチで痛みが溶ける!究極の脱力ジェリーフィッシュ・セラピー」
「腰痛解消!神の手を持つ18人」
「腰痛・首・肩の痛みを取る!匠の技を持つ23人」

■施術所
住所:〒349-0124 埼玉県蓮田市末広2-1-2
お問い合わせ:電話 048-764-1190
施術時間:午前9時~12時 午後2時~6時半(土日は午後5時半まで)
休診:水曜・不定期で時々

Pocket